2014年02月25日

長期優良住宅 補助金交付決定

何かと申請〜交付までの手続きが難しい長期優良住宅あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

補助金100万円の交付を受ける為には、大まかに2つの申請が必要となります。

@ 都道府県に対しての長期優良住宅の認定申請
A 地域住宅ブランド化事業事務局への申請


Aの申請の規定では、@の申請が受理されれば工事着工が可能になるのですが、
@の申請の審査〜認定までの期間が約1カ月かかるので、その間に基礎・構造材(柱・梁)の
架構に問題指摘を受ければ、やり直しというリスクが伴います。


建物の計画に時間的ゆとりがある場合はいいのですが、引渡し期日等の理由で時間に
余裕がない場合はけっこう大変です(>_<)


っという二つの申請を得て、「赤い外壁のM様邸」無事、交付決定通知書が届きましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

20140225_183641.jpg



補助金を受ける為には地域住宅ブランド化事業のグループに所属しないといけないのですが、
現状、そのグループが福井県内で5グループあり、それぞれのグループが国に対して
補助金の予算を申請しています。

しかし、この補助金はハウスメーカーは使えず、地場の工務店が対象となるのですが、
どのグループも予算はとったものの使い切れないという現状だそうです。


僕が考えるに、

@ 福井の場合は多雪地域が該当し長期優良住宅申請に構造計算が伴う。
A 長期優良住宅申請の仕様書/図面作成が難しい
B 補助金申請の申請が複雑

という理由で、地場の工務店の取り組みが進まないのだろうなぁって思っています。



「はるか」が長期優良住宅に取り組む理由は、

@ 補助金でよりよい建物になるから、やらないよりはやった方がお客さんの為になる
→ 特に断熱性能は上がります。長期優良住宅認定を受けて、施主に対してのデメリットはないと思います。

A 仮にその物件が中古住宅として売りに出されるときに、長期優良住宅として付加価値が付きお客さんが手にできる売却金額が上がる
→ 売るなんて造り手としては寂しい話ですけど、本当です。国が進める長期優良住宅導入の本当の目的は、低炭素化住宅の普及と住宅ストック(中古住宅)の質の向上です。

B 簡単にはできない事だから、起業したての「はるか」が、しっかりとした設計・施工ができる!というアピール
→ (笑) でも申請の設計図書を自社作成できるの、福井で10社くらいって言われるとなんか嬉しいです!!大体は外部サポート機関に数十万円で作ってもらうみたいですたらーっ(汗)




まぁ、何であれ、新築住宅で額の大きい補助金て少ないから、もらえると嬉しいですよね〜!
お客さんにとって、デメリットがないんだったら貰っておいて損はないなぁって思います。
申請する側は大変ですが…






アトリエ悠は、福井のブログランキングに参加しています。

おもしろいブログに巡り合うかもグッド(上向き矢印)

↓↓↓福井のおもろいブログはこちらから探せますよぉ(*´Д`)



posted by 廷々 隆史 at 19:25| Comment(0) | 赤い外壁のM様邸(新築)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: