2013年08月17日

ほくろくの会 @

みなさん、お盆休みはゆっくりできましたか?
それとも、ご家族の為にがんばったお休みでしたか??


どちらにしても、普段できない事ができる長めのお休みはいいですよねー!!!


さてさて、タイトルの「ほくろくの会」は、「悠」が所属している
地域型住宅ブランド化事業のグループです。

ちなみに今回は写真なしです。
スミマセン・・・
先に謝っておきます。。。



みなさん、長期優良住宅ってご存知ですか??


数年前の「200年住宅」っていう制度の改正版です。


少し前までは、高気密住宅に準じる必要があったので、あまり興味は
ありませんでした。


高気密住宅・・・

ほんとに変な話です。。。
高気密化が進んだために、シックハウス症候群が深刻化し、
24時間換気が義務付けられ、24時間換気を第3種換気(自然給気、機械排気)で
行う為に給気口を付けなければならない。


結局それって、お金をかけて普通の住宅に戻ってない?

高気密住宅にするのにお金かけてるのに??

しかもお客様にメリットが少ない!?



話を戻して、高気密住宅が要件から外れた「長期優良住宅」。

長期優良住宅は、税制優遇等を受けることができメリットがありますが、
高気密が外れたとはいえ、仕様/材料を変える必要があるため、
コストアップのデメリットがあります。

けっこうひどい事してる建設会社もあるようです・・・


ここまでだったら、デメリットと比較してメリットが少ないので、
僕はおすすめしていません。



次に、昨年度から始まっている「地域型住宅ブランド化事業 」

この事業の目的は

----------------------------------
地域材等資材供給から設計・施工に至るまでの関連事業者が緊密な連携体制を構築し、
地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の
供給に取り組むことを支援し、地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、
地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの整備、
木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的としています。
----------------------------------

との事。



・・・わからん。



要は、

@外国材ではなく、国産材の地産地消を進めたい。
Aその結果、森林保全と林業の活性化を進めたい。
B維持管理を課し、住宅の質と寿命の向上図りたい

という事で、長期優良住宅とセットで家を建てた人には、補助金を出すよ!!


という制度です。


補助金の額が大きい!!!

なんと、1件あたり「100万円」


さすがに、長期優良住宅を取るメリットが大きくなる!!!


次回、もう少し詳しく話を掘り下げますねー!!





アトリエ悠は、福井のブログランキングに参加しています。
↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです<(_ _)>



posted by 廷々 隆史 at 23:46| Comment(0) | 住宅価格を下げる為に!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: