2013年07月26日

福井県産の材料を使うと補助金がもらえます。

ログハウスみたいなお家を希望されていたN様

「悠」では、福井で家を建てる・福井に住むのであれば、できるだけ福井の木と
素材と職人さんでお家造りを行いたいと考えています。

上手に材料を手配すれば、外国産の木材と値段は変わりません。

そして、福井の木を使って工事をすると、福井県から補助金が出るんです。
リフォームだと上限15万円。

県産材.jpg

15万円あったら、カーテンが買える…
何気に結構ありがたい補助金です。


材料は節があってもいいからとお客さん。

私が信頼している材木屋さんと材料の相談。
ここの社長さん嘘嫌いです。私も嘘とか隠し事、嫌いです。

社長:いい木があるよ!見積りの材料より高いけど。

私   :んんー
      :・・・
      :それ、お願いします。。。


節少ない材料注文しちゃいました。。。苦しい…


それでいいんです。きっと、、、
だって、間違いなく喜んでくれるから!

↓↓↓製材所で鎧板に加工してもらって、塗装屋さんに塗装してもらって納入された材料です。

20130418_165315.jpg




「悠」が福井の木を使う、福井県が補助金を出す理由の一つです。
↓↓↓ちょっと難しいので、興味があれば読んでください。


福井県は山林資源の豊かな県です。

しかし、外国産の輸入木材に価格及ばず、地元の木を使う機会が減り、
林業は衰退の一途を辿っています。

でも、戦後の復興樹林・拡大樹林という政策により植樹された木が、
ちょうど建築材料として使える樹齢になってきているのですが、
外国産の木に値段で負けて、山と木は放置されているのが現状です。

地元で建てさせてもらう、暮らすのだから、外国とか輸送代にお金を払うのではなく
地元の山に還元したい、そしてこの小さな心がけが福井の林業の復興に一役を担えれば。。。


ちなみに、福井の木って「杉」が一番多いんですが、いい材料なんです。


雪国(特に湿雪)地方の木は強いんです。
デメリットとして、土壌に水気が多く、産地によってはあんまりきれいではなかったりしますが、、、


福井県グリーンセンター 林業試験部が行った実験によると、

通常の杉材の曲げ強度 22.2N/mm2 (国土交通省告示1452号)

福井県の杉材 27.8N/mm2

外国産構造材の代名詞 米松で28.2N/mm2


もちろん計算上は、定められている数値(22.2n/mm2)を使いますけど、
それ以上の強度が期待できると思います。

posted by 廷々 隆史 at 16:21| Comment(0) | 憧れ素材のN様邸(リフォーム)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: