2019年01月05日

完成現場のご紹介

新年あけましておめでとうございます。

昨年末は仕事量が多すぎました。
さてさて、ここしばらく・・・
いや、、、3年程全くアップしていなかった完成現場を紹介していこうと思います!
順番は完成順ではありません。

2018年完成のT様邸
長期優良住宅認定なので、構造計算・断熱性能計算をしっかり行っており、建物性能の根拠が証明されている建物です。
その上で、間取り・デザインを整え、今かっこよく30年後も飽きない建物を目指して設計しています!!

外観
DSC_1965.jpg

メンテナンスがしやすい下屋(1階)部分は杉板鎧貼り。
ファサード(建物の正面)部分以外は初期費用・メンテナンスコストに優れたガルバニウム鋼板貼り。
それらをデザイン的なバランスを整えて設計しました。


リビング
DSC_6516.jpg

屋根を登梁で架構した下屋部分にLDKを配置し、屋根勾配を利用して勾配天井としています。
フローリングはウォールナットのキャラクターグレードを使用。白太(木が白い部分)が混ざっている為、重すぎず独特の雰囲気のリビングです!!


薪ストーブ
DSC_6629.jpg

ドブレ 640という機種を選択されました!手に入りやすいスギやマツなどの針葉樹対応の機種で、施工直前に新機種が発売され、バーミキュライト採用で使いやすさが向上しています。

薪ストーブの炉台は、壁面に空気層40mmを確保の上、天然石貼りとしているので、独特の雰囲気をなっています。このお家でタイル貼りの炉台だと雰囲気が負けちゃうんですよねー。。。

薪ストーブを検討する方は、薪の調達と保管についても導入前に考えないといけないですよ!



ロフト
DSC_2026.jpg

DSC_2036.jpg

ご主人要望のリビングロフト。薪置き場の上部に配置し、天井高をギリギリの1.4mに抑えてあります。
これから本棚を造って読書スペースにする予定だそうです。。。
といきたいところでしたが、引渡し前から子供たちの遊び場になっていました (笑)



キッチン
DSC_6558.jpg

タカラのホーローキッチンです。レトロなデザインのエーデルという機種を選ばれました。
ディープグリーンのキッチンが、ウォールナットのフローリングと合わさり、遊び心がありつつも永く使っても飽きない配色としました!!

DSC_6543.jpg

食器棚はホワイトオーク材を使用し、造作にて製作しています。
床と合わせてカップボードもウォールナットで、、、と思われそうですが、統一感が出すぎるのでLDK全体を軽く見せる為、ホワイトオーク材をチョイス!!

レッドオークと違い、独特の飴色の木地に適度に黒みを持つホワイトオークは特にお気に入りの材料です。明るいお家には黒みの少ないレッドーオークで、かっこいいお家には黒味が強いホワイトオークという感じの使い分けです。


洗面化粧台
DSC_6563.jpg


半造作の洗面化粧台です。三面鏡は既製品をしようして、下台のみ造作にて製作しました。
下台木部はホワイトオーク材で製作し、水廻りという事を考慮し、表面塗装の塗料選定を行っています。


お引越しされて、少ししてからお伺いしましたが、もう数年住んでいるかのような落ち着いた雰囲気となっていました(笑) 色合いがそう見せるのでしょうね。
約9か月かけて、丁寧に造ったお家です。これからもっと馴染んでいって、数十年後にもいい家だなぁって思ってもらえると嬉しいです!!!

まだまだ紹介したい部分が多いお家ですが、この辺で完成紹介とさせて頂きます!!





アトリエ悠は、福井のブログランキングに参加しています。
↓↓↓興味があれば、地元のブログを覗いてみて下さい<(_ _)>



posted by 廷々 隆史 at 11:05| Comment(0) | 半平屋・薪ストーブ・木の家 T邸