2018年09月16日

新しいお家 着工します! 長期優良住宅の申請

新しいお家のご紹介です!

今回のお家は、インナーガレージのお家です。
お客様とはじめてお会いしてから約1年、ようやく着工にこぎつけました!

もちろん今回も長期優良住宅の認定取得予定です。(現在審査中)

インナーガレージの様に、大きな空間がある建物で長期優良住宅の基準を
満たすのは、けっこう難しかったりします。

大きい空間ができる事で、特に難しくなるのは次の2点です。
@ 木材と基礎の構造計算(許容応力度計算)
A 耐震性能 (水平構面の計画)

プランの段階から、この2点が厳しくなるって想定していないと、あとから
大変な目(木材や基礎形状・建築方法が特殊になる)に合います。

っで、全ての申請書類が揃うと、これくらいの厚みになります。。。
今回のお家はインナーガレージがあるので、おおよそ500ページくらい・・・
S__11509762.jpg


通常は建築確認申請という書類だけで、お家を建てる事ができます。
40坪くらいの標準的なお家だと、全てで30ページくらい。
その中に耐震性能等の建物の性能面の検討結果を記載しますが、30ページの内、5ページくらい。
(その他は建築基準法・都市計画法に適合しているかの内容です。)

長期優良住宅は、建物の性能(構造・耐震・断熱・維持管理)の認定書類なので、ほぼ全てが
建物性能の検討書類。


設計士が時間をかけて、自分が設計する建物の性能を検討(30ページ+500ページ)して
できるお家と、最低限の検討(30ページ)だけで出来上がるお家。

って書くと、言葉に語弊あるような気がしますが、設計士がそれだけ時間を費やし検討し、
その検討結果が行政から認定される長期優良住宅は、やっぱり価値があると思うし、
なるべく多くの建物が長期優良住宅の認定を受けて欲しいと本気で思っています!!
posted by 廷々 隆史 at 12:30| Comment(0) | インナーガレージのお家

2018年09月13日

古民家再生 既存〜基礎まで

数年まえの案件です。

ファミールからのお問い合わせでご相談のお客様です。
ご実家を建替えて2世帯住宅にしたいというお話でした。
(その当時、うちみたいに新参者で信用がない会社には稀なお客様ですが、完成後いろんなお客様を
ご紹介頂いて、ほんとうにありがとうございますexclamation×2

でも、お話を聞いていくと、現在のご実家に思い入れが強い様子!

IMG_0722.jpg

IMG_0740.jpg

という事で、建替えではなく、もともと本業の古民家再生をご提案させて頂きましたexclamation×2

お客様 「この建物、リフォームは無理だと思ってました。。。」
僕 「でしょうね(笑)」

築50〜100年の建物って本当に難しいです。
見た目だけきれいにするだけなら、まだ。。。

でも、古民家再生の話は本当に孫の代まで住める家にしたいという話だと思うので、
ぼくは耐震性・断熱性能含め、本当に安心して住めるお家に甦らせてあげないと
(お金をかける)意味がないと思います。

という事で、早速解体!!
さらっと解体してますが、初面談からここまでで、1年以上経過してます(笑)
その過程には相続とか贈与とか、順序を間違ってはいけない過程も含まれています。

IMG_1528.jpg

中途半端に残さないで、柱だけの状態まで壊します。
その方が、性能も上がるし、残した部分との境目が少なくなるので仕事も早くなり、完成もキレイになります!
IMG_1636.jpg

ちなみに、今回計画で後ろの部分、だいぶ減築しています!
IMG_1532.jpg


この状態でベタ基礎(全部コンクリートの基礎)を打設します。
今回のお家は、外周にコンクリート基礎があったので、建物を上げず(曳舞)をしないで基礎の設計を
行いましたexclamation
地盤の状態によってはベタ基礎ではなく、布基礎とする場合もあります。

増築建物との取合いがあるので、完成後の高さを合わせる為に、基礎高さが既存増築建物の高さに
合わせる必要があります。
なので、基礎の高さが制限を受けるので、鉄筋は太くなります。(この辺は新築住宅で構造計算を
行っている経験がものをいいます!)
IMG_1561.jpg

っで、基礎完成!
IMG_1698.jpg

長くなりそうですので、ここまでにします!
posted by 廷々 隆史 at 20:37| Comment(0) | 古民家再生のK邸