2014年07月04日

完成しました!! の写真公開

と言っても、完成したのは約1カ月、2か月くらい前の話です。

忙しさを理由にブログ更新せず…
でも実務優先しないとお客様に迷惑かかるし悩ましいところです。。。


ここ最近は測量とプラン提示が立て続けに複数件。

加えて、先日お庭造りをご契約頂き、本気でお庭創ってます!!
僕、実は和風でも洋風でも、お庭造り本当に大好きなんです。


でもでも、忙しいのはいい事で、「はるか」の家造りに共感し、
頼って頂き本当に感謝です。





という事で、簡単に完成物件のご紹介でーす。

■外観
M様邸、1階は杉板のヨロイ貼り、2階はシラスそとん壁で仕上げました。
若い方の元気な雰囲気がありつつ、住む人が歳をとっても飽きない様に和の造りとしています。

20140526_0101.jpg

■玄関
最近の家は玄関が狭い。
間取りの効率上の事ですが、お客様を迎えるという意味でも、玄関に置きたいものって
割と多いという意味でも、僕は多少広い方がいいと思う。

棚は、郵便受け・鍵置き等々。その下はベビーカー置きを想定していますが、
置ける場所があると玄関周りがごちゃごちゃにならず、すっきりとお客様を
迎える事ができると思います。脇玄関(家族玄関)を造る事もあります。

20140526_0039.jpg


■リビング
今回は構造材の梁と柱を見せる造りとしました。
和の雰囲気が感じられ、すごく落ち着く空間とする事ができました。

20140526_0080.jpg

20140526_0086.jpg


リビングの南面の窓は大きい窓を付けました。
ガラス3枚の窓なので、幅2.5mに対して1.6m開きます。
通常の窓は幅1.6mに対して0.8mしか開きません。

これは外に造るウッドデッキと空間をつなげる為で、通常の窓だと0.8mしか
開かないので空間としてはつながらず、出入口として感じてしまいます。

20140526_0094.jpg



性能面では、長期優良住宅なので、断熱等級はCで、2020年に義務化になる基準です。
ガラスは全てlow-Eガラスとしている為、壁・開口部の熱損失が少なく、
また、南と西の日射調整と、東西南北の風通しを効率化する間取り(これパッシブ住宅を
考える上で重要な要素です。)で、冷暖房の光熱費が少なくなる様に考えています。

また、多少の雨では窓が開ける事ができるように、必要な窓には全て庇(ちっちゃい屋根)を
付けています。(最近はコストから省略される事が多々ありますが、雨の多い福井の
住宅・省エネの観点から必須です。)なにより、エアコンで生活するより、自然風で生活
した方が、何倍も気持ちいいと思います。


■和室
特に子育て世代の家造りではあった方がいいと思います。
最近は畳のないお家が多いですが、本当に便利です。

今回も畳コーナーとしても使える様にLDKに繋げて配置しています。

子供を寝かせておくにしても、酔っ払ってごろ寝するにしてもやっぱり畳は便利。
赤ちゃんは体温が高いので床に布団とかで寝かすと固いし畳程すばやく調湿できないので、
あせもはできるし、床も焼けるし、って思います。

20140526_0088.jpg



今日はここまで。
また仕事の合間みて続きを更新します(笑)




アトリエ悠は、福井のブログランキングに参加しています。

おもしろいブログに巡り合うかもグッド(上向き矢印)

↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです<(_ _)>




posted by 廷々 隆史 at 19:58| Comment(1) | 赤い外壁のM様邸(新築)